未亡人という響きがエロく聞こえるのはなぜ?未亡人を拘束してイラマチオやおもちゃ攻め 由愛可奈

エロさ倍増の未亡人モノ

未亡人と聞くと、なぜかエロさを連想してしまう方も多いのではないでしょうか。未亡人は旦那を亡くしてしまった女性で、とりわけ若い女性のことを指すことが多いようです。(旦那をなくしたおばあさんはあまり未亡人という言い方はしません。)若いのに性欲を持て余しているだろうという想像、死んだ旦那に対する背徳感などが合わさり、エロさとして感じてしまうのでしょう。

さて、人(男だけ?)はなぜ肩書に魅力を感じてしまうのでしょうか。「ナースと一度でいいから付き合ってみたい」、「CAってエロいよね」、「秘書ってエッチでも尽くしてくれそう」など、よく耳にします。人は、五感から得られる情報というのは非常に少ないという説があります。その情報不足を補うため、様々な記憶を参考にしたり、想像したりするようです。

ところで、常にマスクをしている歯科衛生士さんってきれいな人が多いと思いませんか?歯医者さんがきれいな人を選んで採用している可能性もありますが、マスクを取るとそれほど美人ってわけではなかったりしますよね。どうしてでしょうか。それは、見えない部分を想像で、しかも自分に都合よく補うという機能が人間に備わっているからです。マスクで顔の半分を隠しているので、歯科衛生士さんが美人に見えるわけです。肩書も同じです。見た目や話した感じだけではわからないセックスでの表情やプレイの傾向などを「肩書」を使って自分に都合よく(エロく)想像しているわけです。なので、何も肩書がない人よりも、誰にでもすぐにその仕事の様子の想像がつく肩書がある人に魅力を感じるのです。制服に魅力を感じるなんかも同じ理由かもしれませんね。

今回は未亡人モノで拘束、凌辱プレイにこだわった作品を紹介します。出演は由愛可奈。若さの中に大人っぽさも秘め、プレイが始まった時の表情が非常にエロい女優さんです。まさにきれいな若い人妻といったイメージの由愛可奈さんを凌辱するさまを存分に楽しみましょう。

サンプル動画

嫌がる未亡人にイラマチオ

AV女優でもなかなか簡単には見せてくれないプレイ、イラマチオ。それをしっかりと長時間披露してくれるシーンが冒頭のカラミにあります。「やめて!」という女性に対して無理矢理するイラマチオはかなりのインパクトです。しかも女優さんの嗚咽っぷりがすごく、本当に苦しいんだなと思わせる画です。ただ、私が個人的に気になるのは、「嫌がる人にイラマチオして怖くないか?」です。相手がもしちょっとでも噛めば、とんでもなく痛いですし、下手をすると噛み千切られる恐れもあります。バイブを突っ込むなら全然問題ないですが、自分のモノを突っ込もうとはなかなか思えないですね。そこはAVだからこそ見られる画でしょう。そういう「ありえない画」を見るのもAVの楽しみ方のひとつだと思います。


拘束器具を使っておもちゃ攻め

2番目のカラミのシーンは、手と首を板でつなげるような形の拘束器具で緊縛してのプレイ。おもちゃで責めたり、挿入したり。最初は「イヤ!」「やめて!」と言っていた未亡人も、だんだんと気持ちよくなって何度もイキまくり、終盤では自分で腰を振る姿も見せてくれます。嫌がりながらも段々と気持ちよくなるという姿をエロスたっぷりに演じてくれる由愛可奈さんの演技力と、淫乱さに脱帽させられるシーンです。


恥ずかしさは残るものの、嫌がり方は控えめ

ラストのカラミのシーンはなぜか義理のお父さんを加えた3Pでのプレイ。このカラミではお義父さんに見られることを恥ずかしがり、嫌がりはするものの、犯されること自体はもうあきらめてしまった様子。段々と恥ずかしさがなくなってきた後はとにかく淫乱にエロスを振りまき、プレイで気持ちよくなっている様子です。ロープで縛られた状態で騎乗位で腰を振り、「気持よくなりたい」などと言い放ち、イキまくります。気が付くとお義父さんも凌辱側に回っており、最後は2人にいじめられながらイキまくるという図式になってしまっています。


出演女優

ベテランの演技力ときれいな若々しい顔・体 由愛可奈

デビューから5年以上が経過し、単体作品だけでも70本以上をリリースしている人気AV女優の由愛可奈ちゃん。演技力もベテランというにふさわしく、見ている人を作品の世界に引き込んでくれます。それでもなお、見た目は清楚感を残しながらまだまだ若々しく、きれいな体つきをしているため、様々なジャンルの作品で活躍ができる女優さんです。最近はその演技力とベテランの対応力を活かして、複雑なストーリーのものや様々な企画作品に出演しているようです。今後も末永く活躍してほしい女優さんです。


この動画が気に入った方におすすめの動画

由愛可奈と似たタイプの女優