胸糞注意!美人秘書が脅迫凌辱にかなりの抵抗を示すも、最後は陥落してイキまくり

簡単には陥落しない気丈な美人秘書を脅迫して凌辱

AV作品では凌辱モノというのは非常に多く制作されていて、多くの方が目にしたことがあると思います。しかし倫理的問題があるからか、現実風なドラマ仕立てでの強烈な凌辱モノはそれほど多くありません。ドラマ仕立てでなければ、女優が演技しているということが視聴者にもわかるため、見ていてそれほど胸糞悪いということはありません。しかし、現実に起こりそうな、もしくは、もしかしたら世の中のどこかで実際に行われていそうなシチュエーションで、しかも女性側がかなり強い抵抗を示していたら、こんなに胸糞悪いものなんだということを初めて知りました(笑)。凌辱モノがそれほど好きではない方はもちろん、凌辱モノを始めてみる方にはあまりお勧めしない作品です。一方で、他の凌辱モノとは違い、ビンタしたり、鞭で打ったり、本物のゲロまで吐かせるほどの、強烈な凌辱作品です。凌辱が好きな方にとっては女優をここまで虐め倒している作品もなかなかないので、必見の作品だと言えるでしょう。シリーズ作品も多く出ているようですので、他の女優でもここまで強烈な凌辱をしているのかどうか、いずれ確認してみたいと思います。

サンプル動画

強烈な抵抗を示す秘書を手マンでイカせる

作品冒頭のカラミは、秘書をプレイに入らせるところから。最初はAVとしては異例なほどのドラマシーンがあり、その中で美人秘書が体を差し出すことに徹底的に抵抗します。服を脱がせようとしても手で押さえて脱がせることができません。そこで飛び出すのがビンタ。おそらく本当にビンタしていると思います。まさかAVで本当にビンタするとは思わなかったので、私も最初は驚きました。ビンタすると美人秘書は少し言うことをきくようになり、押さえつけておっぱいをいじったり手マンをしたり。その最中でも泣きながら「止めて、止めて」と言う秘書を無視して手マンでいかせます。普通の動画ならイクくらいになってくるとちょっと気持ちよがったりするものですが、この作品ではイった後でも「イってない」と、言葉での抵抗を示してきます。これだけの抵抗を示す女性に対して凌辱する画を見たい方は是非。見たくない方はほかの作品へ!


オナンー&セルフイラマ

泣きながらセルフイラマを強制され、同時にオナニーも強制されるシーン。目がうつろになりながら、嗚咽しながら奥まで咥え込み、最後にはオナニーでいきながらイラマチオされて果てます。イラマチオの作品はたくさんあるといえども、ここまで強烈な画はなかなか見られませんので、好きな方は是非チェックしてほしいシーンです。


抵抗が弱まってきたのでいろいろな楽しみ方を

シーンは変わり、夜になります。今度は最初からかなり従順な様子。このシチュエーションでもかなり色々な見どころはありますが、個人的にインパクトがあったのは、固定バイブされながらイラマチオで顔射され、その後に放置されて自らイクシーン。徹底的にいじられ、イラマチオまでされたにもかかわらず、最後自分が行くときは、固定バイブで放置という理不尽(笑)。製作側の方に「よくこんなこと思いつくな」と感心してしまいます。


最後は完全拘束

ここまでくると、もうどんな凌辱でも驚かなくなってきます。最後のシーンは美人秘書を椅子に縛り付けた状態でのバイブ、電マ責め。このシーンだけ見ると十分凌辱感たっぷりのシーンなんですが、これまでのシーンと比べてしまうと、一段階強烈さは落ちる気がします。個人的には2番目のシーンくらいにこれを持ってきたほうが良かったんじゃないかと思います。とはいえ、緊縛・拘束が好きな方にとっては変な器具を使っておらず、現実にありそうな拘束方法でのプレイですので、一見の価値があるかと思います。


出演女優

美人秘書という役どころがぴったりの三原ほのか

お姉さま系の顔つきで、凌辱などの変態系作品に多く出演している三原ほのか。この作品は彼女の得意分野の真骨頂という感じかもしれません。もちろん、もっと普通の和姦な感じの作品にも多く出演していますが、積極的なプレイを展開するような作品はあまり多くないようです。この作品で見せてくれたような被虐演技を活かして今後も活躍していただきたい女優さんです。


この動画が気に入った方におすすめの動画

三原ほのかと似たタイプの女優