人妻をナンパする方法。家への連れ込みから心の壁を取り去り、SEXに持ち込むまで

自主制作映画の感想を聞きたいと言って連れ込み、写真を撮らせてと言ってSEXへ持ち込む

世の中、ナンパの方法を教えてくれる本やサイトなどは多くありますが、具体的にかつ現実的な方法がわかるものは意外と少ないと思います。ましてや映像でそれを再現したものはなかなかないのではないでしょうか。特に初めてSEXに持ち込む方法は、文字で書かれていてもわかりずらく、なかなか実践できるものではありません。今日ご紹介する動画は、街角で人妻をナンパし、自宅に連れ込み、SEXに持ち込むまでの具体的な流れを実演してくれています。解説してくれているのではなく、実演ですので、女性側の反応もかなり現実に近いものだと思いますし、SEXを始める瞬間の女性の反応とそれの御し方などもかなり具体的にわかります。もちろん実際に性的関係になった後の話もあり、抜きどころもちゃんとあります。

サンプル動画

映画の感想を聞かせてほしいと言って声をかけ、自宅に連れ込む

もちろんこれはドラマです。なので実際にこんな方法で声をかけて自宅に来てくれる女性は10人に1人もいないでしょう。しかし、もしかしたら30人に一人くらい入るかもしれません。街角で暇そうにしている女性に、「自主制作映画を撮っているのでその感想を聞かせてほしい」と言えば、話くらいは聞いてもらえる人が多いでしょう。一度会話を始めれば心の壁はどんどんと低くなっていき、自宅に来てもらえる可能性が高まります(と言っても10%もないと思いますが・・・)。特に子育てから手が離れ始めた人妻だと、旦那に対する不満や、繰り返すだけの日常生活に飽きていて、刺激を求めて(SEXを求めてという意味ではなく、いつもと違う出来事を求めている)自宅まで来てくれる可能性も高いかもしれません。


SEXに持ち込むまではウデの見せどころ

自宅に連れ込んだとして、その後どうやってSEXまで持って行くんでしょうか。もしホテルに連れ込むことができたらSEXするのは当然の流れになりますが、「映画を見てほしい」と言って連れ込んだ以上、うまく立ち回らないとSEXまで持ち込めません。この動画では「写真を撮る」という名目で徐々に体の距離を狭めていきながら反応を伺い、あまり強烈に拒絶してこなければ徐々に接近レベルを上げていくという方法を取っています(言葉ではホントと伝わりにくいですね)。一瞬女性が見つめて求めるような表情をしています。この瞬間をとらえて「ここからはSEXです」というような行為を始め一気にSEXに持ち込んでいます。この「SEXを始める瞬間の映像」は、AVであるからこそ実現できる映像で、普通にはなかなかお目にかかることはできないでしょう。この、SEXに入る瞬間のうまい持って行き方、ぜひ見習いたいですね。


自らSEXを望むようになり先輩の棒まで受け入れる

最後のカラミシーンはなぜか男優変更ですw。おそらくAVの撮影側の理由なんですが、ドラマ内では「自分は面倒になったから先輩に抱かせた」という筋書きですw。そして一番濃厚なSEXはこの最後のカラミのシーン。ここまでのドラマをしっかりと押さえておかないと、単なるAVの別カラミが始まったように見えてしまうほど、ナンパの件とは一線を画すプレイ内容です。エロを求めてこの作品を買った方にも満足いただけるシーンとなっています。具体的には女優の絶妙な年齢感と女らしいプロポーション、ある程度年齢を重ねたからこそ醸し出されるエロさをしっかりと表現してくれています。欲求不満な人妻がSEXしたらこんな感じなんだろうなと思います。


出演女優

どこにでもいるようなきれいな近所の人妻 とみの伊織

出演はとみの伊織さん。名前だけ見ると一瞬熟女女優化と思いますが、おそらく30代半ば前後の女優さんです。パッケージ写真はかなりうまく撮れていて、20代後半くらいにも見えますが、実際にはそれほど若くはないでしょう。とは言え、おばさん化は全くしておらず、近所にもいそうなきれいな奥様という雰囲気です。体のラインも全体的に女性らしく整っていて、この動画のような現実に起こりそうなドラマにおいては非常に適役だと言える女優さんです。デビューから約1年。単体作品は15作程度とまだまだ少ないですが、身近なシチュエーションのドラマ様な企画でしっかりと活躍していってくれると思います。


この動画が気に入った方におすすめの動画

とみの伊織と似たタイプの女優