枕営業は行われているのか?保険外交や芸能界の性接待の実態。キャバクラを除く(笑)

AVでは定番の枕営業は現実にあるのか?

AVでは現実に行われているかどうかは関係なく、行われているような噂があるとか、そんな女性がいたらいいな程度の題材でも作品にしてしまいますので、AVにあるからと言って現実にあると考えるのは早計でしょう。現実的に枕営業が行われるためには、その業界にその素養があるはずで、素養があれば実際に行われている可能性が高いと考えてよいでしょう。今回は保険の外交員とグラビアアイドルなどの芸能界で実際に行われているかどうかを経済学的に考えていきましょう。

枕営業も一種の取引ですよね。経済学的に考えると、ある取引が行われるためにはその取引が行われることによって双方が得をする関係でなければなりません。そうでなければ、突発的に発生することはあっても「その業界で枕営業が行われている」と言えるほどの頻度で起こるとは考えにくいでしょう。

女性側が枕営業で差し出すものはもちろん体です。男性側が枕営業で提供するものは金銭だったり仕事だったり、契約だったりでしょう。もし、通常の契約や、単発の仕事などをもらえるだけで体を売るのなら、おそらく風俗に努めたほうが実入りはいいはずです。それなのに枕営業という形態をとる理由は、得られるものが「単発で体を売るよりはるかに大きい」モノである必要があります。そして、それはもちろん男性側も同じで、単に金銭を渡してセックスするだけなら風俗のほうが良い可能性が高いでしょう。なのに枕営業を買う理由は、提供するものが金銭よりも少なくて済むからでしょう。こんな関係にあるということを踏まえて本題に入りましょう。

この動画はグラビアアイドルが仕事をもらうためにプロデューサーと「ドレイ契約」なるものを結びます。契約書の細かい内容は教えてもらえませんので、正確なところは述べられませんが、ここまで何でも言うことをきくという契約を結ぶ女性がいる可能性は低いでしょう。

サンプル動画

保険外交の枕営業の実態

昔は保険外交員と言えば、一人一人がノルマを抱えて、営業を行い、成績によって給料が決まるような勤務形態が一般的でした。しかし、保険の自由化以降、そのような昔ながらの保険営業は減少傾向にあり、そもそも枕営業をする素養が発生するような働き方をする人たちが減りました。そのため、最近では枕営業のようなことをする営業員もほとんど見られないのではないかと思います。では、昔はどうだったかというと、私の見立てではかなり枕営業があったのではないかと思います。ある女性保険外交員がノルマ達成まであとほんの少しだったとしましょう。ノルマを達成すれば、その見返りに昇進などの多大な報酬が得られるというシチュエーションもあるはずです。そうなるとその女性外交員としてはノルマ達成のために多大なコストを支払ってもよいと思えるかもしれません。そんな折、ある懇意にしている顧客に営業に行った際、体を要求されれば、それを受け入れるほうが自分にとって良いと思える可能性は十分あります。この画像のシーン、初めてセックスの相手をするシチュエーションです。嫌がるものの、仕方なく要求を受け入れてしまう女心がよく表現されています。


芸能界では枕営業はあるのか?

こちらはむしろ保険業界よりも多くありそうです。芸能界だと「評価」というものは非常に難しいですよね。この女性のグラビアを出したとして本当に売れるのか、このアイドルを売り出したとして本当に売れるのかどうかはなかなか事前にわかるものではありません。そのため、買う男性側(制作側)からすれば、どのアイドルを採用するかはその担当者(プロデューサー?)の一存で決められる場合が多いでしょう。一方で、グラビアアイドルとして売り出したい女性側からすれば、もしうまく売れ、人気が出れば非常に大きな利益が手に入る可能性があります。もしそうなってしまえば、プロデューサーとの立場も逆転できるかもしれません。それほど大きな果実を前に「体を売ればそのチャンスが得られる」のであれば、その魅惑に打ち勝つのは容易ではないでしょう。


利害が一致すればいつでもどこでもあり得る

援助交際や風俗でなく、仕事上の便宜を図ることを見返りに体を求めることはどの業界でもあり得ると思います。特に、決める側(買う側)と決められる側(売る側)の利害が大きく異なる(買う側にとっては安いものだが、売る側にとっては多大な利益がある)ような場合、買う側が男性で売る側が女性であれば、枕営業がないほうが不思議です。ただ、枕営業の場合、その事実が白日の下にさらされた場合に失う利益が非常に大きいため、ハードルはかなり高いでしょう。しかし、女性側が男性側に多少でも好意を持っていれば、セックスのコストが下がり、簡単に枕営業が行われる可能性もあります。画像のシーン、女性を好き放題にするプレイです。バイブはもちろん、荷物を縛るラッピングまで持ち出して拘束してガンガンに犯しまくります。ここまでくると枕営業というよりは凌辱です。


出演女優

きれいなお姉さま女優陽向さえか

以前、体の柔らかさを生かした動画を紹介した陽向さえかちゃん。今回はかなり暗めの雰囲気でのセックスとなりましたが、それもまたしっくりくるような高い演技力を見せてくれました。嫌がりながらも気持ちよがる顔は必見です。スレンダーでおっぱいは小さ目。肌がきれいで動画で見るだけでなく実際に触ってみたくなる女優さんです。


この動画が気に入った方におすすめの動画

陽向さえかと似たタイプの女優