家族で穴兄弟なんて実際にあり得るのか?義父との禁断のセックス動画から考える家族とセックスの関係

セックスレス妻が導き出した回答は義父の子を身ごもること

AVの世界ではよく近親相姦モノが制作されていますが、実際のところ、現実世界では近親相姦は行われているのでしょうか。もちろん、近親相姦と言っても今回の動画のように血のつながっていない者同士のものから、実の親子や兄弟姉妹間でのものまで様々です。実際に3親等以内の者同士の結婚は法律で禁じられているように、血のつながったもの同士の近親相姦は特殊な性癖の持ち主か、特殊な環境でしか行われていないと思います。さて、ではもう少し軽い「姻族」間での近親相姦は実際のところ行われているものなんでしょうか。今回はその点に注目して考えていきたいと思います。

さて、一応動画の説明を。セックスレスの妻は欲求不満で、義父は年齢の割に性欲満点。その利害が一致し、最初は半ば強引に嫁を犯した義父だったが、2回目以降はむしろ求められるようになったというお話。やはりある程度年齢を重ねた女性だからこそ表現できる葛藤とエロスをお楽しみください。

サンプル動画

昔の結婚の風習から考える

現代のように医療の発達していない時代、特に男は戦争や事故などで若くして死ぬ人が多かった。夫婦のうち一方が死んで独身となったいわゆる「未亡人」(今回は女性に限らず)は、子供を作ることができるにもかかわらず相手がいないということになります。それでは社会的な損失が大きいため、よく行われていたのが「死んだ人の兄弟と結婚する」ことです。兄が亡くなったから弟と結婚する、姉が亡くなったから妹が嫁ぐ・・・。昔の考え方では結婚は家同士の関係でした。その考え方からすると、同時進行ではないにせよ、実の兄弟で穴兄弟という事例も多くあったと思います。写真のシーンは妻が夫にセックスをせびっているシーン。これだけせびっても応えてあげなければ、他の人のところに行ってもおかしくはないでしょう。


原始的な社会では一般的だった「女性の共有」

悪い意味で女性をモノとして扱っているわけではなく、部族内でみんなで大切に扱い、扶養し、セックスしていこうという関係が一般的だったという説があります。このような関係がありえたように、女性の本能として「扶養が保証されていれば、複数の人とセックスする」というのは受け入れやすいのではないでしょうか。せびってもしてくれない旦那と、たっぷり濃厚なセックスが期待できる義父。夫にばれて離婚するなどという事態さえ予防できれば、義父とセックスするという選択肢もあり得るでしょう。もちろん、義父にそれなりに好意を抱いていないといけないとは思いますが。とは言え、やはり最初は女性は抵抗するもの。半ば無理やりにセックスに持ち込もうとすると、最初は少し抵抗を示すものの、徐々に積極的になっていくという微妙な女心が良く表現されたシーンです。


2度目以降は自ら求める

女性のセックスの本能的な目的は「子どもを作ること」です。女性の場合、自分が生む子供はいずれにせよ自分の遺伝子を50%持っているので、「子育て期に扶養されることが保証」されているならば、セックスの相手は対象がかなり広がります。義父の立場としても、嫁との関係をしゃべることにメリットは何もありませんから、二人でうまく隠して関係を続けることがお互いメリットになります。他人同士の不倫だと、子供ができたときの扶養問題が大きな問題になりやすいですが、家族内近親相姦だと扶養問題は起こりにくいので、むしろ不倫としては良い形と言えるかもしれません。


出演女優

大人の魅力、妖艶なエロス 加藤ツバキ

見た目は少々派手系の人妻タイプの加藤ツバキちゃん。この作品での「欲求不満な妻」役がぴったりはまっています。プレイ中のエロい体、腰を振る姿など大人の女性の魅力たっぷりの女優さんです。10年以上にわたってAV女優として活躍する経験値はダテではありません。今後も妖艶な人妻役で微妙な女心を表現してくれるでしょう。


この動画が気に入った方におすすめの動画

加藤ツバキと似たタイプの女優