有名になりたい!多くの女性が軽い気持ちでAVに出演する時代

AV出演へのハードルは下がっている

物心ついたときから身近にインターネットがあった、さらにはスマートフォンがあった世代。彼らはメディアというものがテレビしかなかった世代に比べて「自分を表現する」機会に恵まれており、自分を表現したいという人が増えているようです。このビデオでAVデビューする「山川ゆな」ちゃんは、「有名になりたくて」AVへの出演を決めたそうです。一昔前ではAVへ出演するというと大変なことだったはずです。そもそも出演する女優の絶対数が少ないため、出演してしまえば多くの男性の目にさらされますし、AVへ出演しているということが知られれば、社会的な好奇の目にさらされることが必須だからです。また、多くの女性が結婚して家庭に入っていた時代、AVへの出演がバレれば多くの男性が結婚を拒むと考えられるため、専業主婦という有力な就職先を失うことにもなるためです。それに対し、近年では、AVに出演していたかどうかなど気にしない会社も多いですし、結婚しなくても女性が一生独身でいることも珍しくありません。むしろ、結婚しても一生安泰でいられる男性を見つけることも困難になってきました。また、不景気によって割のいい仕事が減り、自分の夢をかなえるほどの収入を得るためには、事業を起こすか、芸能界に入るなどの一発当てることが必要になったことも原因のひとつでしょう。

この作品は19歳のAV女優のデビューということで、初々しさあふれる内容になっています。最初のカラミでもいきなりプレイに入らず、ハグしたり見つめあったりして気持ちを高めていき、ようやくキス。服を脱がすのも愛撫するのもゆっくりゆっくり、丁寧に進めて行きます。しかし始まってしまえばプロの男優です。デビュー作でありながら、かなり気持ちよくなっている様子で安心してみていられます。最初のカラミだけでたっぷり1時間です。

サンプル動画

最初のカラミはイケメン男優と

たっぷり1時間プレイした後の感想は、「激しくて気持ちよかった」だそうです。もっとバックでしてほしいとも。デビュー作からAV女優の素質十分ですね。学校でもスマホでも自分を表現し、人から見られる経験をたくさんしてきた世代にとって、人前でエッチすることくらいはなんてことないのかもしれません。スマホが常にあるということで、性やセックスに関する情報が身近にある世代ならではかもしれません。性やセックスが身近にある世代だということでAVに出演することにも抵抗が少ないのかもしれません。ちなみにかなりの貧乳ちゃんです。Aカップだそうですが、見た目ではAカップの中でもかなり小さいほうかと。


緊張感がだいぶなくなった2カラミ目

2シーン目の前に、料理とフェラのシーン。性にオープンな世代とは言え、フェラチオのテクニックが備わっているわけではないんですね。ぎこちない手つき口つきでフェラをし、発射に驚いている様子が新鮮です。2カラミ目はオナニーとおもちゃ攻めのシーン。デビュー作からいきなり結構ハードルの高いプレイだな~って思いますが、そんな心配をよそにかなり気持ちよがり何度も絶頂しています。


最後は3Pまで体験

さすがになれてきたとは言え、3Pはかなりハードルが高いでしょう。と思いきや、あっという間に気持ちよさそうな表情に変わり、かなり気持ちよがっている様子。この姿を見ると人間は女性でももともとセックスが好きなんだなということ実感します。少し前の世代だと社会的な圧力のせいで性欲が抑圧されているような気がしてなりません。だとするともっと世代が進むと、セックスに対してもっとオープンな世代が登場し、社会のセックスのあり方が大きく変わるかもしれませんね。そんな時代の到来を予感させてくれる作品です。


出演女優

貧乳でロリ顔。でも屈託のない笑顔で大ブレイクの予感 山川ゆな

「セックスネイティブ」の世代の代表のようなキャラクターの山川ゆなちゃん。デビュー作ということで最初は緊張の色が見えるものの、料理のシーンなどでは素の顔を見せてくれます。その様子を見る限り、今後の作品ではどんどん大胆なプレイを披露してくれ、痴女系の積極的なプレイも期待できそうな逸材です。ロリ貧乳、元気な女の子が好きな方には今後ぜひ注目していただきたい女優さんです。


この動画が気に入った方におすすめの動画

山川ゆなと似たタイプの女優